ピアノの買取が無理なとき

ピアノありがとう  ピアノ売るときのトラブルとお悩みを集めました!  ピアノ買取出来ないケースについておまとめしました

ピアノ買取出来ないケースについておまとめしました

ピアノやグランドピアノ買取出来ないケースについておまとめしました

ピアノ買取ができないケース

ピアノやグランドピアノを買取をする前に知っておきたい内容の一つとして、ピアノやグランドピアノを買取ができないケースがあげられます。実際にピアノ買取業者に依頼したのに、ピアノを買い取理を拒否されて、ピアノ買取業者から無理と言われるということは嫌ですよね。よくピアノやグランドピアノをクリーニングしておく必要があるのか?と疑問に思われる方も多いです。

ピアノやグランドピアノを買取ができない主なケースとしては、大きく故障して弾けない場合やキズが激しい場合、古すぎる場合になります。つまりピアノがかなりダメージが大きい状態です。ご自身では、まだまだ弾けるし、大丈夫と思っているかもしれません。しかし、プロからすると、実はピアノ買取できないと買取を拒否されるかもしれませんので、ご自宅のピアノがそのような状態に該当しないか見ていきましょう。

まず、ピアノが故障している場合です。多少の音ずれなどは調律で直るので問題はありません。しかし、ピアノの鍵盤が動かない、弦や内部に損傷があって音が全く出ない、ペダルなどが壊れて使いものにならないというような状態ですとピアノ買取業者にピアノを買取ってもらえないケースもあるようです。

次に、キズがある場合です。年月が経つにつれて出来た小さなキズであれば、他の状態が良ければピアノやグランドピアノを買取ってもらえます。しかし、さすがに大きなキズやヘコミがある、塗装が大きく剥がれているというピアノは、査定額が大きく下がったり、買取事態が無理でできないときもあります。

ピアノというのは非常に湿気に弱い楽器です。自分では気づかないうちに内部が湿気等で腐っていたり、虫害の被害にあっているというケースも故障の原因となり、ピアノを買取が出来ないケースがあります。最後に、ピアノやグランドピアノを古い場合です。中古のピアノですので、ある程度年数が経過しているのは仕方のない事です。

よくあるピアノの買取のタイミングは、お子さんが子供の頃に弾いていたピアノやグランドピアノを使われなくなり大学の進学や就職、結婚などをきっかけに、処分を考えるときでしょう。この場合ですと、購入から10年から30年近い時間が経っていることが考えられます。

ピアノという楽器は、家電製品や車のようにモデルチェンジや性能が大きく変わるものではありませんので、調律などをきちんとしていれば長く良い状態で保存が可能です。年数でいうと、製造から30年ほどでも少なからず値段がつくといわれています。

また、それ以上の年月が経過している場合でも、音や弾き心地に問題がない、見た目や内部も状態がよければ買取ってもらえます。そして、世界に数台しかない貴重なグランドピアノや限定モデルは、プレミアムの査定額が付くこともあります。

ピアノ買取をしてもらいやすくする方法

それでは、ピアノやグランドピアノを買取をできるだけしてもらえるように、事前にできることをまとめた内容をご紹介します。それは、クリーニングです。クリーニングをしておくことでピアノを買い取ってもらえる確率は少なからず、あがるといえるでしょう。ご自身でできるピアノのクリーニング方法をおまとめしました。

まずはピアノのクリーニングに必要な道具を準備します。ピアノやグランドピアノのクリーニングに使うクリーナーは、ピアノ専用の物を使用します。ピアノはデリケートなので、家庭用洗剤や磨き粉の使用はキズや故障の原因になります。利用する布なども、ピアノ専用のものを用意しましょう。

そしていよいよピアノのクリーニングです。まずは外装部分のクリーニングからご紹介します。外部の表面には埃が大変付きやすいので、楽器用のハンディモップで埃をまず払います。次に柔らかい布で傷をつけないように優しく拭いていきます。

次に、鍵盤部分のクリーニングです。鍵盤は指の汗や皮脂がつきやすいところなので、掃除せずにいると黄ばみが現れることもあります。こちらも鍵盤専用のクリーナーを使い、鍵盤用の柔らかい布で優しくふいてください。ただしクリーナーを付け過ぎには要注意です。鍵盤と鍵盤の間にクリーナーが入ってしまうと音が悪くなる原因にもなるからです。慎重にていねいに行うようにしましょう。ピアノのクリーニングをすることで、ピアノ買取業者の人に見積もりをした時に、ピアノの買取をしてもらえない確率を少しでも減らしていきましょう!そうして高価にピアノを買取してもらい、買取できないリスクを下げましょう!

最近の投稿


ページのトップへ