ピアノをネットオークションで高い値段で売る

ピアノありがとう  ピアノを処分する方法は?実は費用をかけないやり方があるんです!  ピアノとネットオークション売買についておまとめしました

ピアノとネットオークション売買についておまとめしました

ピアノとネットオークション売買についておまとめしました

ピアノオークションにおける中古ピアノ出品の状況・ピアノオークション出し方について

インターネットオークションを実際にのぞいてみると、中古のピアノやグランドピアノが意外と数多くオークションサイトに出品されています。

グランドピアノ・アップライトピアノ・電子ピアノ・その他の椅子やカバーなど部品もオークションに出品されています。

グランドピアノのカテゴリーは200件ほど、アップライトピアノのカテゴリーには500件ほどの出品があり、なんと電子ピアノのカテゴリーには1000近い出品数がピアノオークションで出品されています。

これだけ見てもピアノのオークションの出品数は多く、中古ピアノやグランドピアノのオークションでの競争率の高さがうかがわれます。

ただし、この数にはミニピアノや関連商品もオークションに同時に含まれている可能性があるため、ピアノやグランドピアノ本体のオークション出品数はもっと少ないと考えても良いでしょう。

出品者はピアノ業者がほぼ多いのが現状です。しかし、なかには個人でピアノオークションの出品あるいはピアノオークション代行もあります。

落札金額の相場について

ピアノオークションで出品されているピアノやグランドピアノは、元値が高価な購入時価格数百万円と思われるものから、低価格だっただろうと思われる物まで幅広くあり、一概にオークションでのピアノの相場価格はいくらです、と紹介するのは難しいです。

美品かどうか、ピアノの保存状態や送料の問題もあり大きく値段は変わるようです。

しかし、高額での落札が期待できる商品というものがあり、スタンウエイやディアパソンのグランドピアノなど需要のあるものですと100万円以上の値がネットオークションでつく可能性があります。

アップライトピアノは比較的オークションで落札されやすい傾向がり、その価格は10万円を切ることもあるようです。

たとえ美品であっても、ピアノオークションで高額を期待しないほうがよいでしょう。電子ピアノはオークションで落札価格が1万円を超えないこともあるのが現状です。

全てに共通していえることは、ピアノのネットオークションといえどもなかなか入札が入らないということです。もしかすると、オークションでピアノを買おうと考える人が少ないのかもしれません。

その代り、入札が入ったときには、予想以上の金額での落札も期待できます。ピアノオークションならではの醍醐味です。

ピアノオークションにおけるピアノの一般的な売買方法・ピアノオークション出し方

ピアノオークションでの約束ごと

ピアノも含めオークションでの約束事として多いのは、ノークレーム・ノーリターンつまり返品不可という内容です。

そのほかの特徴的なものといえば、ピアノやグランドピアノの送料は落札者が負担するという内容に加え、配送業者手配は落札者というものがあげられます。

決済方法は、一般的なオークションの内容とほとんど変わりません。多くの方が、前払いの銀行振り込みか、オークションサイトで設けられている独自の支払方法です。後者の場合ですと、購入時にオークションサイトで使用できるポイントがたまるというシステムのあることもありお得に買い物をすることが出来ます。

ピアノオークション販売の基本的な流れ

まず、商品を出品します。

この時にピアノの品番、いつ購入したのか、保存状態などを詳しく記載します。そして、商品が落札されます。なかなかすぐに落札とはいかないかもしれませんが、落札までの間に落札しようか悩んでいる方から質問があることもあります。

落札が決まったら、落札者に連絡をします。この際に相手の住所や連絡先、名前をきき、支払方法も確認しておきます。前払いの場合ですと、入金を確認してから商品を発送します。商品が無事相手のほうへ届いたら、取引相手の評価をします。

一般的にこのような流れのなか、ピアノオークションでピアノを売ることが出来ます。

もし、不安だという方は本当に不要なものを1円スタートなどでオークションの練習をしてから、挑戦しても良いでしょう。

少しリスクがあるものの、ピアノオークションでは高い値段で売れることもあるようなので、うまくいけばとてもラッキーな方法だといえます。

または、まずはオークションそのものに慣れるために、ピアノ以外の家にある不用品をオークションで出してみて、一度の経験してから、ピアノをオークションに出してみるのもよいかもしれません。

そうすることで、オークションに対する理解が深まり、不安な点が払しょくできます。

慣れれば、簡単なことでも、初めてのことはなかなかやりにくいことは多いので、まずは簡単な所から始めてみるのも一つの手です。

最近の投稿


ページのトップへ