ピアノの解体をして安い値段で粗大ごみとして出す

ピアノありがとう  ピアノを処分する方法は?実は費用をかけないやり方があるんです!  自分でピアノ解体をする方法のご紹介していきます

自分でピアノ解体をする方法のご紹介していきます

自分でピアノ解体をする方法のご紹介していきます

ピアノの処分にはいくらかかるのか?ピアノ解体と比べるとどっちがお得?

ピアノを買取ではなく業者などにピアノの処分を依頼すると、いくらぐらいかかると思いますか?相場にして約3~4万円の費用がかかるといわれています。ピアノを処分をするために、金額もかけられないというのが一般的な意見ではないでしょうか?

でも、ピアノはどうしても部屋の中で場所をとるし、ピアノがあるのとないのとでは部屋の広さの感じ方も大違いですよね。どうにかしてピアノを解体して処分できないものか?ひとつ、ピアノを安い値段で処分する方法があります。それは、ピアノを自分で解体してピアノを粗大ゴミとして出すことです。

もしピアノを自分で解体して粗大ゴミで出せば、無料ではありません。しかし、何千円でゴミ処理場にだせます。簡単にピアノを処分したいという方は、ピアノ買取会社を利用することもおすすめします。無料見積もり一括査定をしてくれるサイトもあるので利用するのも良いでしょう。

ピアノを自力で解体する方法

必要な道具

  • 電動ドライバー
  • チューニングハンマー(ピアノの弦を緩め、外すために必要なものです。アマゾンドットコムで約2,000円ぐらいで売っています)
  • ニッパー(ピアノの弦を切るため)
  • ゴーグル、軍手、厚手の作業服(弦が弾き飛ぶこともあるので防護用です。)
  • ノコギリ(解体した板を切断するため)

ピアノ解体の手順

  1. ピアノを覆っている外板のビスをとり、外板を全て外します。部品の数が膨大な量なので電動ドライバーは必須になります。そして、88個の鍵盤を外します。
  2. ピアノを横に倒します。ピアノは200㎏前後の重量があるため、ピアノを横に倒す際、大人3人がかりで行うのが良いでしょう。
  3. 4本の脚についているビスをとり脚をすべて外します。
  4. チューニングハンマーで弦を緩め、ニッパーなどで切って外します。チューニングハンマーはレンチでも代用可能です。弦を切る際、弦がはじけて飛ぶ恐れがあるので、防護用のゴーグルと厚手の作業服、軍手は必ず着用しましょう。
  5. 金属フレームと響板に付いているビスをとり、そして金属フレームから響板をすべて外します。
  6. 糊付けされている響板をのこぎりで分断します。一枚ずつになった響板をのこぎりで細かく切断します。

ピアノを自力で解体する考察

これは個々の作業スピードや作業人数、使える道具にもよるので一概には言えませんが、丸一日時間がとれれば、たいがいの人はピアノ一台解体できるかと思います。

響板などは、のこぎりで切って細かくすることができます。しかし、100㎏ある金属フレームを切断するのがかなり困難な作業です。ピアノは大きいのでカットして細かくしないと、粗大ゴミとしてだせません。金属をカットする機械を持っていない限り、金属フレームの切断への負担が大きく処分で困ってしまいます。

もちろん金属フレームをカットするためだけに、金属用の切断工具を購入するのもできますが、非効率な気がします。

もし、なんとかピアノを解体できたとしても、最終的にはゴミ処理場に解体したピアノを持って行くことまでしなければなりません。しかし、その作業だけで処分費用である3,4万円をうかすことができる安い方法だと思えば、ピアノ解体を頑張ってやれないことはないでしょう。

もっと簡単にピアノ処分する方法

より簡単にピアノを処分する方法としては、ピアノ専門の買取業者にピアノを買い取ってもらうことです。

かなり古いものでも値が付くこともありますし、もし無料で引き取ってもらえただけでもラッキーです。処分したいピアノをいくらぐらいで、引き取ってもらえるかどうか知るには、ピアノ一括査定サイトを活用するとよいでしょう。ピアノ解体し、粗大ごみとして扱う労力を比べれば、一番お得かもしれません。

最近の投稿


ページのトップへ