ピアノを処分する方法は?実は費用をかけないやり方があるんです!

ピアノありがとう  ピアノを処分する方法は?実は費用をかけないやり方があるんです!

ピアノを処分する方法は?実は費用をかけないやり方があるんです!

ピアノを処分する方法は?実はピアノ処分費用をかけないやり方があるんです!

大事なピアノだから粗大ごみにはしたくない。ピアノを処分費用を掛けずにピアノを処分したい!いい方法は?

ピアノの処分となると億劫になりませんか?

使わなくなったピアノって、リビングにあると場所をとってしまい、家族が通るのに邪魔になりますよね。

ピアノは、大きいし、重いしピアノを処分するとなると素人や独りではできそうにないし・・・

ピアノを処分したいと思っても、ピアノ業者にお願いするにしてもピアノの処分費用が掛かりそうだし、しかも大きくて重いピアノだと処分してもらうのに結構な金額がかかりそう。

こういったピアノを処分することに対して、不安を私も持っていました。

安くピアノを処分するなら粗大ごみとしてピアノを処分するのも手かなと思いました。

しかし、これまで大切に使ってきたピアノが雨風にさらされたり、乱雑に扱われるのは嫌だなぁという思いが・・・

粗大ごみ置き場に、これまで20年近くもお世話になったピアノをポンと置くのはどうしても心理的な抵抗があります。

しかも、ごみの引き取りまでに自分でそこまで運ぶのも大変。

さらにゴミ置き場にピアノを粗大ごみとして置けたとしても、強い日光や雨風にあたって、さらにひどい状態になるのを見ることは、なんだか自分の子供がどんどん弱っていくような状態を見る気がして、見ていられないし、想像するだけでもイヤ。

今は使わなくったけど、最後も大切に始末をしたい。

わがままかもしれないけど、そんな思いがありました。

ピアノを処分したい!実は、古いピアノは処分費用を掛けなくても売れます

ピアノを処分することしか頭になかった私に、ある日、夫からの一言が、私にヒントを与えてくれました。

「わざわざピアノを自分で処分しなくても、ネットでピアノを引き取ってくれるところを探してみては?」

確かに私だけの知識では、考えても良いアイデアが浮かばすもんもんとした日々を過ごしており、限界でした。

友人や知人や友達に相談しようにも、そもそもピアノを持っている人が周りにいません。

また、仮に持っていたとしてもピアノを処分したいと考えてはいないか、ピアノを処分した経験もありませんので、相談してもあまりいい回答が得られませんでした。

半ば諦め気味だった時の夫の思わぬ一言で、ハッと気づきました。

これまでピアノを引き取ってくれる業者なんてない、あったとしてもしつこい勧誘や、足元を見られて高い処分費を請求されるだけと思い込んでいたため、ネットで検索をしていませんでした。ピアノを処分したいなら、いろいろな手段をしらべないといけないと思いました。

早速、ネットで調べてみました。

すると、沢山のピアノ買取業者が見つかりました。

最初はあまりにも、沢山ありすぎて何が何だかわかりませんでした。

ピアノを引き取ってくれるピアノ買取業者はこんなに沢山あるんだ!というのが最初に驚いたことです。

上から順番に丁寧に中身に見ていきました。

沢山あるだけに対応や費用、ピアノの査定額は、とにかく千差万別でした。

さらに読み進めると、ピアノを高値で買い取ってくれそうなピアノ買取業者をちらほらと見つけました。

最初に、ピアノを無料で処分やピアノの処分にかかる費用やピアノの処分の相場のことばかり考えていたため、ピアノの処分が可能かどうか?私の住んでいる地域の専門業者はどこか?ピアノの処分には費用がいくら掛かるのか?ばかりを気にしていました。

そのため、ピアノを買い取ってもらう事は、頭の中からすっかり抜け落ちていました。

また、20年前の古いピアノということあり売るなんて事は一切考えていませんでした。

古いピアノでも買い取ってもらえるんだ! 査定額を聞いた時に、何だか嬉しくなったのを覚えています!

ピアノの処分費用が掛かるどころか、逆にお金をもらえる。

そう考えるとやる気が俄然出てきました。

ピアノを買い取ってくれる業者を探していると、こちらも条件は色々ありました。

買取価格も数千円から数万円まで業者によって本当に値段が違う。

さっきまでピアノの処分費を抑えたいと思っていたのに、今度は少しでも高く売りたいと考えるようになり、ちょっと自分でも厳禁だなあと思いながら探しました。

結局、一番高く買い取ってくれるところではなく、ピアノ処分の対応が丁寧で自宅の近くのピアノ買取業者に頼みました。

また、ピアノ買取後の使われ方も決め手となりました。

買い取り後のピアノ行く先

決め手となったのは、この買取後のピアノの行先です。

これまで大切な思い出がつまったピアノなので、やっぱり誰かに使ってもらいたい。

また、誰かの思い出になってくれたらと思いました。

そうすると、買取後のピアノは、修理して、海外の子供達に使って頂けるということを知りました。

私の使ったピアノがまた使って貰えるんだと、何だか安心に近い気持ちなりました。

一括査定を利用した人の声

私だけの感想だと物足りない人のために、他の方の声を集めてみました。

皆さんやはり私と同じようにピアノの処分には抵抗があったようです。

しかし、大切に使って貰えることを知ってからは、抵抗がなくなった方が多いです。

利用した人の声
  • このたびはお世話になりました。とても愛着のあるピアノだったので、次の方に大切に使って頂ければと思っております。運送会社の方ご苦労様でした。
  • 古いピアノでしたがお引取頂き 誰かに使っていただけたら本当に嬉しいです。
  • 処分に困っていたピアノを、お金をいただいて、持って行っていただいて、本当に感謝しています。

ピアノ買い取り業者

ピアノを専門で買い取ってくれる業者があることすら、最初は知りませんでした。

ところがネットで調べて初めてたくさんのピアノ買取の専門業者があることを知りました。

ピアノ買取と言っても色々な業者があるようです。

他の業者についてもまとめてみました。

出張買取のリサイクル業者はどう?

ピアノを処分するとなると、個人ではなかなか難しいです。

そこで、プロの方にお願いすることになると思います。

身近なプロの方は、リサイクル業者の方ではないでしょうか?

確かに自宅まで取りに来てくれて、助かると思いきや。

リサイクル業者といえども、ピアノの処分は扱っていなかったり、また、どうやってピアノを搬出してよいか分からない業者も中にはあります。

しかも、買取どころか、搬出費用に高額な請求をされる場合もあるので、考え物です。

ハードオフはどう?

残念ながらピアノの買取は、取り扱っていません。

電子ピアノなら買取してくれるようです。

ただし、製造から5年未満の新しいものに限られています。

市役所への処分はどう?

市区町村ごとに異なると思いますが、私の地域では、2人で搬出が必要な大型の楽器は処分してくれませんでした。

不用品買い取り業者はどう?

よく軽トラで、回っていたり、たまにポストにチラシが入ったりします。

基本的には、ピアノの搬出になれた方ではないため、大抵はピアノの引取は断られるようです。

引っ越し時にピアノを処分するのはどう?

引っ越しと同時にピアノの処分をされる方が多いようです。

新居にピアノを置くスペースがない、全く使わないのでピアノを処分したいなど理由は色々あるようです。

大手の引越し業者などは、不用品の引き取りも行ってくれているようです。

ただし、自社で行っているわけではなくあくまでも地元の業者と連携して対応しているため、先に紹介したリサイクル業者が来ることが多いようです。

そのため実際にはピアノを引き取ってくれることはあまりないようです。

一括査定のメリット

ピアノ買取業者のホームページを最初は1社1社見ていました。

ところがこれが結構疲れる。

意外と多いんです。

査定額の価格の比較ばかりについつい目がいくのですが、大切なのは、自分の家の近くの業者かどうかと搬出可能かどうかです。

そのようなところまで気を付けてみていると、なかなか大変な作業になってきます。

その点、一括でピアノ買取業者の複数社の見積比較をできるサイトがあります。

これは便利でした。

地域ごとに分かれているため、無駄な調査をしなくて済みます。

ピアノの査定額が変わる理由とは?

同じピアノでも業者ごとに査定額が大きく異なります。

ピアノが古すぎたり、海外メーカーものだったりすると、ひどい場合は値段がつかなかったり、逆に10万円の買い取り額がついたりと千差万別です。

高すぎるとかえって疑ったりもしてなかなかネットだけの結果だと信用しにくいものです。

この辺りは、ピアノ買取業者さんの販売の得意不得意や、クリーニングにかかるコストの抑え方など影響してくるようです。

ピアノ買取後、そのピアノをクリーニングして、売れる販売経路を持っているかどうかで値段が変わってくるようです。

また、クリーニングも何台も一度に対応できるようなところでは、大量購入で安く洗剤等を仕入れていたりするので、その分1台当たりのコストを抑えれたりするようです。

電子ピアノも買い取れるの?

私が見た感じだと、電子ピアノを買い取ってくれる業者もあれば、そうでない業者もあります。

また、古い電子ピアノ、例えば5年以上前のものだと買い取ってくれる可能性はかなり下がりそうです。

電子ピアノは日進月歩で、毎年新しいモデルが出てくるため、年代物が貴重になるといったことがありません。

そのため古い電子ピアノは買い取ってもらえない、あるいは逆に電子ピアノの処分のための費用が掛かることがあります。

もし、電子ピアノを処分したいとお考えならば、早めの決断が良いかと思います。

ピアノの査定から処分の流れ

ピアノの一括査定から実際の処分までの流れは、非常に簡単です。

  1. 一括査定
  2. 条件を比較
  3. 気に入った業者に連絡
  4. 立ち合い見積もり
  5. 引き取り

といった流れです。

ピアノ買取のメリット

ピアノの処分だけだと、費用が発生しますが、ピアノの買取だと処分費用、いわゆる搬出費用も含めて買い取ってくれるため手元にお金が入ることはとてもうれしいです。

また、専門のピアノ買取業者なので、搬出も丁寧で、なによりも買取後ピアノが再利用されることが、ただただつぶして終わりではないのが心理的にも安心できます。

ピアノの製造番号の表示箇所

ピアノの査定をするときには、かならずと言っていいほどピアノの製造番号を求められる場合があります。

これによりどのメーカーの何年前に作られたかを把握するためです。

非常に大事な情報ですので、ぜひ製造番号はわかるようにしましょう。

アップライトピアノの場合
  • 鍵盤の蓋の内側
  • 天板を開けたところ

また、ペダル本数も必要になる場合があります。

グランドピアノの場合
  • 本体内側高音部フレーム

安心して任すことができるピアノ買取業者の条件

私は電話での対応が良いところと、あとは搬出が丁寧かどうかを、つまり専門業者であり、搬出だけをほかで任せているような業者ではなく、何度も経験がある業者を選びました。

ピアノの搬出に関しては、専門の業者でないとひどい場合、搬出の際に家の壁や床を傷つけられたり、ピアノそのものに傷を付けられたりする場合があるからです。

そこは、丁寧な対応してくれるピアノ買取業者にしっかり事前に確認することをお勧めします。

古いピアノでも大丈夫か?

大丈夫です。

ただし、ピアノの買い取り額は低い可能性があります。

年代物ですと修理にお金がかかる場合とやはり人気がない場合があるため、買い取った業者も次に売ることができなかったりします。 そのため場合によっては、値が付かないことや最悪買取してもらえない場合があります。

こういったことに備えて、複数のピアノ買取業者に一括で見積もることで、1社でもピアノを買い取ってくれる可能性のある業者を探しやすくなります。

この記事に関連のある記事一覧

トラブル&悩み

ピアノ売るときのトラブルとお悩みを集めました!

買取メーカー一覧

ピアノ買取りメーカー!全国の有名・優良買取業者を紹介!

買取メーカー比較

ピアノ買取りメーカーを比較!結局どの業者が一番いい?

最近の投稿


ページのトップへ